小学校を受験する際、最もハードルが高いのは面接です。これまでに正式な場で大人と対面して話した経験が少ないので、いろいろな作法を習得する必要があります。入室や着席などの基本的な動作はもちろんですが、受け答えのタイミングの取り方なども学ばなければなりません。そのうえで質問を想定したうえで、模範解答を用意することも求められます。
しかも、その内容を子どもはしっかり暗記することも必須です。それだけで及第点を望めるレベルになりますが、他にも重視されるポイントがあるので気を付けなければなりません。それは素直な子どもらしさを備えていることです。先生の言うことを聞いて成長できるポテンシャルを感じさせる必要があります。