倍率が高い難関学校のお受験を希望しているのであれば、AO入試と一般入試の両方を準備しておくべきです。第一希望の場合は、どちらも受けることを想定して対策を行っていきましょう。それぞれの試験内容を踏まえた上で、試験内容に合った指導を行ってくれる教室に通うことも対策になります。どちらの出願も行うことを想定しておかなければ、出願時期になって対策不足であることに気づく可能性があるので危険です。また、高倍率の学校に挑戦する場合は倍率が低い学校を併願校とすることが多いですが、併願であっても公開授業に参加したり、試験内容を確認した上で対策を行っておく必要があります。併願だからと軽く考えていると、本命も併願もダメだったという最悪の結果を招きかねないので注意が必要です。