子どもたちの一週間のスケージュールに沿って何曜日に塾に通わせるべきか悩まれるお父さんお母さんも多いようですが、子どもたちのスケジュールを最終的に決めるのは親御さんの判断となりますが、子どもたちに何曜日を遊びの日、塾の日、習い事の日にしたいのかを、お子さまと一緒に考えることも子どもたちの成長には大切な過程となるでしょう。

遊びも塾も習い事も子どもたちにとっては重要なカリキュラムであることを一緒に認識することが大切です。

塾や習い事の日を親御さんが勝手に決めて、子どもたちに押し付けてしまうようでは、遊びには自主的になるけれど、塾や習い事は受け身になってしまう可能性も考えられます。遊びも塾も習い事も、子どもたちが自主的に取り組めるような環境づくりをめざしてみましょう。