現代において中学受験を目指す子どもたちの環境と、その昔、中学受験を試みた親御さんの置かれた環境は、大きくことなってきていることは皆さんもなんとなく肌では感じていらっしゃるかもしれませんが、現在においてお父さんお母さんと呼ばれる世代の方々がご経験された中学受験と現代社会のなかで、お子さま世代が挑む中学受験は大きく変化しているようなのです。最近では、学校だけでの授業内容では子どもたちの学力に不安があるということから多くの子どもたちが、放課後の塾通いをする姿をみかけますが、そこにはお父さんお母さんへの大きな経済的な負担があることも確かなことなのです。とはいっても中学受験で塾通いをせずとも志望校に合格を果たした子どもたちはそう多くないということが現状なのではないでしょうか。志望校が決まりましたら、学習塾からさまざまな情報を得ることができるようになることも塾の存在意義として頼りになる点でもあります。